ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
自動車保険の等級引継ぎ

運転者の安全度のランク付けとして自動車保険に導入されている等級制度ですが、これは、利用する保険会社が変更になっても、前の等級を引き継げる場合がほとんどです。

これはどういうことかというと、保険会社に自動車保険を新規申し込みの場合、等級6からスタートするのが普通です。
しかし、既に他社での自動車保険の履歴がある場合、前の自動車保険の等級からスタートできると言うことです。

この等級引継ぎは、新しく利用する自動車会社に被保険者が申請し、その保険会社から、前保険会社に確認をとると言う方法がとられます。
ですから、申請をしなければ等級引継ぎは行われません。

ちなみに、等級は6で保険料0%引き、最高(等級20)で保険料60%割引き、最低(等級1)で保険料50%増しになります。

 
自動車保険の等級制度について

自動車保険のユニークなところに「等級制度」があります。
これは、事故を起こした経歴によって保険料が変わるというシステムです。

等級は1級から20級(保険会社によっては21級)まであり、新規で自動車保険に申し込みをすると6級からスタートすることになります。

基本的に人身事故などを起こすと3等級下がり、災害などで保険を使った場合は等級据え置き、無事故のほか特約を少し使ったくらいであれば1等級上がります。
この等級によって、翌年の自動車保険料金が決定するのです。

なお、等級ダウンは年間で3等級下がるのではなく、事故を起こすたびに3等級下がります。
すなわち、1年のうちに対人賠償事故と車両事故を起こしたと言う場合、6等級落ちることになります。

反対に等級アップの方は、年間に1級以上あがることはありません。

 
IT系自動車保険のメリット

自動車保険の一括見積サイトは、各保険会社と提携して運営されているものです。その中には多くのIT系企業が含まれています。

IT系の自動車保険一括見積サイトを利用するメリットは、そのシステムが非常にわかりやすく、かつスピーディなところです。また、サイトによっては20社もの見積が出せるところもあります。
これだけの保険会社から、自動車保険の見積を集めることなど到底一人ではできません。

加えてIT系自動車保険サイトでは、保険料の格差がすぐわかる上、その見積も信頼の置けるものです。
また、気になる電話勧誘などのわずらわしさもありません。

価格コム、インズウェブ、ウェブクルーなどがIT系の一括見積サイトです。
賢く利用して、よりふさわしい自動車保険を見つけたいものです。

 
外資系自動車保険のメリット

今までは、国内の損保会社が自動車保険もカバーしていましたが、最近では外資系の会社も多く進出しています。

この外資系自動車保険の代名詞ともいえるのが、「リスク細分型」の保険料の決定方法です。
これは被保険者のリスク(事故を起こす確率)によって、リスクが少ないと保険料も安く、リスクが高いと保険料が高くなると言うものです。

国内の保険会社も、運転者の年齢や自己歴によって保険料に差をつけていましたが、外資系自動車保険会社の場合、もっと細かくそのリスクを分けているのが特徴です。

年齢、性別、運転歴、使用目的などのほか、運転する地域や、車の車種、年代、安全装備の有無なども、このリスク細分型では参考にされます。

ですから「安全地域を装備の整った新車で走るベテランドライバーの余暇使用のため」の保険などが格段安くなるわけです。

 
<< | 3/6PAGES | >>